全国の工務店が住まいのお困りごとをリフォームで解決!

掃除道具のスッキリ収納術 

家事に大活躍しているものと言えば、1日1回以上はお世話になっている掃除道具です。おうちを快適な空間に保つためには、掃除道具は欠かせない存在ですが、出しづらくて意外と使っていなかったり、しまったままの掃除道具があったり。または収納できずに常にその辺に出しっぱなし…というケースも。そこで今回は、掃除道具の収納のヒントをご紹介します。



【1】掃除道具をあえて出しておく


リビングではフローリングを掃くほうきや、カーペット用のコロコロなど、さまざまなお掃除道具を使っていると思いますが、出し入れが面倒な場所に収納してしまうと、汚れが気になったときにすぐに使えません。そこで、おしゃれなカゴやケースに入れて、あえて出しておくのはいかがでしょうか?手の届く場所にあれば、気がついたときにサッとお掃除できますので、キレイなリビングを保つことができます。



LIXIL(リクシル)掃除道具 スッキリ収納

【2】棚やラックにつるして収納


お掃除につかう小物は、かけたり、つるしたりして省スペースで収納しましょう。棚やラックの横にフックや洗濯バサミを活用すれば、つるしておくことができます。例えば、ドライシートやウェットシート、ほこり取りのブラシなどは、家具の側面に収納スペースを設けてみましょう。



【3】使用後の雑巾はどうする?


みなさんは使ったあとの雑巾はどうしていますか?絞ったまま放置しておくと雑菌の繁殖が心配ですが、わざわざ、雑巾だけ外に干すのも面倒ですよね。そんなときは、冷蔵庫の側面にタオルハンガーを取り付け、雑巾や布巾の干し場を作って置きましょう。濡れたまま放置するより、ずっと清潔に保てます。



LIXIL(リクシル)掃除道具 スッキリ収納

【4】掃除道具専用のラック


会社のロッカーのような扉付きの収納ラックに、家中の掃除道具をまとめて収納するという方法もあります。横の仕切りがないと長いものまで入りますので、モップや掃除機、ほうきなども、まとめて収納することができて重宝しますよ。スリムタイプも販売されていますからお部屋に合わせて選ぶとよいでしょう。

 
関連記事
  • ガレージをリフォームして秘密基地をつくろう

    趣味を楽しむ時間があると、忙しい毎日を送っていても、心が満たされますよね。その趣味に没頭できる特別な場所を持っていませんか?
    今回はLIXILの「スタイルコート」の使い道をご紹介します。

    >詳細はこちら
  • 後悔しないお風呂場リフォームのポイント

    寒い季節に、温かく快適なお風呂場が大切な空間となります。古いお風呂場は汚れやすく、掃除しにくくなったりします。
    今回はお風呂場リフォームを検討する際に、重要ポイントをご紹介します。

    >詳細はこちら
  • 効率アップ!大掃除の順番とポイント

    年末になると忙しくて、掃除したいところがたくさんあるのに、大掃除にあまり時間を取らせたくありませんよね。
    今回は大掃除を効率的に進めるための順番やポイントをご紹介します。

    >詳細はこちら
  • 造ってよかった!リビングのカウンターデスク

    新築やリフォームの際に、カウンターデスクを造りつけるお宅が多くなっています。ちょっとしたスペースで大いに便利になります。
    今回は、カウンターデスクの使い方についてご紹介します。

    >詳細はこちら
  • 断熱効果は?防犯は?お風呂の窓を見直そう

    お風呂は一日の疲れを癒す大切な空間です。冬場になると、浴槽に浸かっていてもお風呂場全体がなんだか寒いと感じている方、いらっしゃいませんか?
    また、お風呂場の窓が空き巣に狙われやすいそうです。お風呂場の窓を見直しましょう。

    >詳細はこちら
  • 地域の工務店を選ぶメリットとは?

    リフォームや建て替えはハウスメーカーや設計事務所にお願いする人もいますが、今回は地域の工務店を選ぶメリットをご紹介します。
    満足できるリフォームや建て替えの大切な第一歩は業者選びです。

    >詳細はこちら
  • スッキリ暮らす第一歩 「捨てる」はどう決める?

    整理整頓の時に捨てがたい物は多くありませんか?長年使用していない物は思い切って捨てましょう。「捨てる物の基準は?」「捨てにくい物はどうしたらいい?」という悩みを解決。
    また、整理整頓のポイントどもご紹介。

    >詳細はこちら
  • 進化した物置に注目!スピーネストックヤードとは?

    LIXIL(リクシル)のスピーネストックヤードは、勝手口に設置できる収納スペース。すりガラス調のスクリーンで、物置場としてだけではなく、洗濯物干し場やペットのグルーミング、自転車置き場など従来の物置以上に使い勝手が抜群。
    側面にドアをつけることができるので、家族のライフスタイルに合わせて利用できます。

    >詳細はこちら
  • ペットと暮らすための床素材とは?

    最近では犬や猫などのペットを室内で飼っているお家も多いですが、人間の生活する環境がペットにとって思わぬアクシデントを引き起こしてしまうことも多いようです。
    では、ペットと一緒に快適に生活するためのリフォームとは?

    >詳細はこちら
  • こんなアイディアも!ガラス瓶を使ったインテリア

    保存容器やインテリアとして大人気のガラス瓶。多様に使えますよね。ちょっとしたアイデアをプラスするだけで、もっと楽しめる方法があるかもしれません。
    インテリアと収納の両方の機能を兼ね備えたガラス瓶の活用方法です。

    >詳細はこちら